うつの治療方法|抗うつ剤と普段の過ごし方が大事です

薬

眠気への対処

抗うつ剤を服用する上で副作用として眠気が出る場合は対処する必要があります。日中の仕事中に眠くなる場合は工夫をして、抗うつ剤による副作用の眠気をやり過ごしましょう。

もっと見る

ウーマン

うつのプロセス

うつ病のプロセスは、発症から完治まで非常に長い時期があり、およそ四段階に分けることができます。抗うつ剤は回復に向かう度に服用の量を減らしていき、全く必要なくなった時に完治したといえます。

もっと見る

どうやってうつを治すか

男女

うつが治るまでのプロセス

うつが治るまでの間、症状の深刻さによっては長い間症状に苦しむことになります。特に回復期に入るまではひたすら陰鬱な状態が続き、感情障害によって暴れたり落ち込んだりといった状態が暫く続きます。やがてそれが落ち着くと、日常生活も以前のようにおくれるようになり始めますが、何かがきっかけに以前の状態に戻ってしまうといったケースも存在します。そのため、少し回復したからといっても油断は禁物なのです。また、こういった何がきっかけで状態が悪化するかわからないため、うつが完治したかどうかというのは判断がつきにくく、病状によっては年単位の経過観察が必要になるケースもあります。その間、治療のために飲むお薬が、いわゆる抗うつ剤です。抗うつ剤はうつの原因である脳内物質の分泌不足の補助を行ない、脳の状態を正常にする補助を行う役割があります。

脳内物質の調整が役割

抗うつ剤の具体的な効果についてもう少し詳しく説明しましょう。うつの原因は、脳内物質の「セロトニン」や「ノルアドレナリン」の分泌不足が原因により発症した病気なのです。脳に何らかの異常が発し、上記した脳内物質の分泌量が減ることで、うつは発症してしまいます。その主な原因はストレスにあるといわれています。抗うつ剤は、これら脳内物質の抑制されている原因を取り除き、セロトニンやノルアドレナリンの分泌を正常に戻す役割を果たしています。抗うつ剤によって脳内物質の分泌量が正常に戻ることでうつの症状である不眠症や感情障害、無気力状態を解除し、徐々に脳を正常な状態に戻していくのです。正常な状態に戻れば、うつのような症状はなくなり、完治したとみなされます。

抗うつ剤には種類があります

抗うつ剤は、一種類だけではありません。脳がどのような状態なのかによって使用する抗うつ剤は変わり、上記のような脳内物質の分泌を強める他、深い眠りを与えるものもあります。うつの症状で大きな問題の1つが、不眠症です。ストレスは解消する手段が数多くありますが、中でも最もストレス解消手段があるのが睡眠です。逆に、人は睡眠不足になるとストレスが溜まりやすくなり、うつになってしまいます。うつになっている場合、不眠症のせいで症状が改善しないケースもあるので、抗うつ剤の作用で眠らせてストレスを除去するという手段を取ることもあります。なお、上記したセロトニンは、夜になるとメラトニンという物質に変わり、睡眠の質を高めるために必要不可欠となります。しかし、セロトニン不足によりメラトニンの量も減るため、不眠に陥りやすくなるのです。どの抗うつ剤を使用するかは、患者の症状によって決まります。

薬を持つ人

抗うつ剤と日常生活

うつの治療は抗うつ剤も大事ですが普段の過ごし方も完治の速度を早めてくれます。食事や運動など、日常生活にほんの少し工夫を加えるだけで大きな効果を得ることができます。

もっと見る

背中

うつ病とは何か

うつ病とは精神の病でもあるのですが、同時に脳の病気でもあります。脳の異常によって脳内物質の分泌量が減っているため、治すためには抗うつ剤を投与して状態を戻し、自分で立ち直るしかありません。

もっと見る

To Top